Bark at Illusions Blog

── Media Watchdog Group

NHKが描く朝鮮半島情勢

 緊張が高まる朝鮮半島情勢について、NHKニュース7ニュースウォッチ9北朝鮮による「挑発」ばかりを問題にしている。また朝鮮半島の緊張緩和に向けた国際社会の動きについても、北朝鮮への制裁を求める声ばかりを強調し、国際社会が制裁と同時に対話や交渉といった外交手段による解決を求めていることについてはほとんど触れていない。

続きを読む

北朝鮮の核・ミサイル問題:対話による解決を求めるロシアに対するマスメディアのネガティブ・キャンペーン

 核実験を強行した北朝鮮に対して日本や合衆国などが石油の禁輸や、北朝鮮に関係する船舶の臨検(船舶を公海上で強制的に停止させて検査すること)を含む新たな制裁を目指す一方で、ロシアや中国は制裁よりも対話を重視ている。とりわけロシアは、制裁は軍事的緊張を高めるだけで無益で効果がないとして新たな制裁には強く反対しているが、そのロシアの動機について、マスメディアは疑いをかけている。

続きを読む

「アメリカのレッドライン」

 6回目の核実験を行った北朝鮮に対して国際社会はどう対応すべきか。マスメディアでは、合衆国政府が北朝鮮に対して武力行使を行うことが当然の権利であるかのように議論されている。

続きを読む

NHKが伝えないグアムに住む人々の思い

 周辺海域にミサイルを発射すると北朝鮮から威嚇されているグアム島。合衆国の独立系メディア、デモクラシー・ナウ(17/8/11)は、NHK(おそらく日本の他のマスメディアや合衆国本土でも)ではほとんど伝えられることのないグアムに住む人々の声を伝えている。

続きを読む

北朝鮮の核・ミサイル開発:ボールは合衆国政府が握っている

 軍事的緊張が高まる北朝鮮と合衆国。NHKニュース7ニュースウォッチ9)は依然として、北朝鮮にさらなる圧力をかける必要があるとか、中国とロシアの協力が必要だという日米両政府の主張を無批判に伝えているけれども、グアム島周辺に弾道ミサイルを発射すると警告していたキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が「合衆国の行動をもう少し見守る」と述べた今月14日以降、明らかにボールは合衆国政府が握っている。

続きを読む

白人至上主義者とそれに抗議する人々を同等に扱うトランプ大統領とNHK

 合衆国バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者の集会に抗議する群衆に白人至上主義者の車が突っ込み1人が死亡、19人が負傷した事件について、ドナルド・トランプ大統領は白人至上主義者とそれに抗議する人々の「双方に非がある」と述べて非難されているが、NHKニュース7ニュースウォッチ9も、双方に非があるかのようにニュースを扱っている。

続きを読む

ニュースウォッチ9:合衆国政府の武力行使が自衛権に当たるかどうかは「難しい判断」

 ニュースウォッチ9(17/4/10)は、合衆国によるシリアへの攻撃の正当性について疑問視し、国際法武力行使が認められるのは、国連安全保障理事会の承認がある場合か、自衛権の行使による場合に限られていることについてもしっかり確認していた。ただ、残念なのは、今回の合衆国政府の武力行使自衛権に当たるかどうかについて、判断が難しいと述べてニュースを終えていることだ。

続きを読む